アブノーマル書庫 (アブショコ)

アブノーマル書庫 (アブ書庫)は触手・ふたなり・男の娘・催眠・女体化など、アブノーマルな変態系無料エロ漫画・同人誌を毎日更新!

ルネブランド大集合!10本選んで10,000円セット
ルネブランド大集合!10本選んで10,000円セット


AI*少女
AI*少女


コイカツ! トリロジーパック
コイカツ! トリロジーパック


プレイホーム コンプリートパック
プレイホーム コンプリートパック


ハニーセレクト ~コンプリートパック~
ハニーセレクト ~コンプリートパック~









アブノーマル書庫トップページ > >


異種姦

二次元コミックマガジン 磔にされたヒロインを極太男根で絶頂杭打ち! Vol.2
探訪者への洗礼 (二次元コミックマガジン 磔にされたヒロインを極太男根で絶頂杭打ち! Vol.2 収録)


作家:伊丹 他

公の場で磔にされた乙女に打ち込まれる極太男根杭!淫らな極刑アクメを大衆に見せつけながら快楽に処される敗北ヒロイン絵巻第二弾!!

特別に許可を頂いて配信しておりますので、安心して閲覧してください



【モンスター娘エロ漫画】 モンスター娘が迫害されてきた人間に捕らえられ磔拘束されて人権無視の辱めを受け続ける!の続きを読む

産卵アンソロジーコミックスVol.4
癒し姫の産卵輪舞曲 (産卵アンソロジーコミックスVol.4 収録)


作家:SHUKO

魔物が人々の生活を脅かすようになり、荒れ始めてきた世界。セレス姫は危険も顧みず、得意の治癒術で戦士たちの傷を癒やしていた。だが、そんな姫の結界は破られ、オークの手に落ちてしまう。強●的に産卵させられてしまう薬を注入され、卵を孕んでしまう姫。ついにはオークに処女も奪われ、相思相愛だった王子との結婚は夢と消えて快楽の底へと堕ちるのだった。

特別に許可を頂いて配信しておりますので、安心して閲覧してください



【お姫様孕ませエロ漫画】 美しいお姫様がオークの手に落ち触手の卵を孕まされオークに処女も奪われて快楽の底へと堕ちる!の続きを読む

二次元コミックマガジン 精液ボテして逆噴射アクメ! Vol.1
Rebellion ~魔姫隷属~ (二次元コミックマガジン 精液ボテして逆噴射アクメ! Vol.1 収録)


作家:ふじのん

オークを下等種と見下し、非道な扱いを続けてきた女魔王。しかし、復讐を誓ったオークたちの策略により、身体を拘束され、その強大な魔力をも無力化されてしまう。責めに耐え切れたら解放してやると言われるも、触手による二穴責めや、オークのデカチ○ポによる激しいピストンに屈してしまい、子宮をザーメン漬けにされるほど中出しされ、そしてお腹を押されての大量噴出!

特別に許可を頂いて配信しておりますので、安心して閲覧してください



【女魔王エロ漫画】 下等種と見下していたオークの策略により女魔王が強大な魔力を無力化され犯●れてしまう!の続きを読む

七彩のラミュロス 1
七彩のラミュロス 第1話 (七彩のラミュロス 1 収録)


作家:山文京伝

この世界には「光の皇女」と呼ばれる七人の聖女がいる 闇の世界の魔族を駆逐し、世界に平和をもたらした七人の光の皇女。が、魔族の残党が光の皇女の光を奪うことで成長する魔物・ミミルを復活させ、再び闇の世界を再建しようと企む。その方法は「彼女らを全て犯せ」。 愛する者・信頼する者の前で彼女らを犯し、気も狂わんばかりの快感によって服従させ、自分を信じる者の前で裏切りを口にさせる。堕ちた皇女たちが正気を取り戻す度に、さらなる快感を与えて再び光を奪う! 堕とされていく、聖なる皇女たち…。

特別に許可を頂いて配信しておりますので、安心して閲覧してください



【触手エロ漫画】 聖なる光の皇女たちが魔族の残党どもに次々と汚され堕とされていく…!の続きを読む

二次元コミックマガジン 人外娘孕ませ 気高き牝たちは人間子種に屈服する Vol.1
救国の孕み袋 (二次元コミックマガジン 人外娘孕ませ 気高き牝たちは人間子種に屈服する Vol.1 収録)


作家:沢村青

文字通り人並み外れた呪法の力を持つ妖狐は、しかし、油断から帝国兵との戦いに敗北した。そして、より強力な兵士を産み出す計画のため、人外の腹に人間の精液を注ぎ込まれてしまう。囚われ、犯●れ、数ヵ月……。人間に種付けされる際の屈辱感は変わらぬものの、男根を目にすると尻尾が大きく揺れ動き身体は発情。自ら肉棒をしゃぶり、尻を突き出し種付けを懇願する。

特別に許可を頂いて配信しておりますので、安心して閲覧してください



【人外娘エロ漫画】 人並み外れた呪法の力を持つ妖狐だったが油断から人間に捕らわれてしまい強力な兵士を産み出す計画のため人外の腹に人間の精液を注ぎ込まれてしまう!の続きを読む

↑このページのトップヘ